やっと

髪切りました。
30センチくらいはあったでしょうか。
ほんとは肩につかないくらいまで短くしたかったのですが
すぐ伸びてハネるので、というよりはヒヨってやめておきました。
ピヨピヨ。

もう、何かしらの怨念が取れたっていうくらい
頭が軽い!!!

軽すぎて違和感さえ感じます。

そして、やっぱり髪型を変えると気分も変わります。

やる気満タンでお待ちしております。

まいみ

2018年7月8日

早めの夏休み!??

さやかです。

今月、お正月以来の帰省します。(7月16~19日)

京都のお祭りにあわせて帰ります。
今まで京都に住んでいるときは、煩わしいお祭りだと思っていました。
街中を人々が占領して交通規制かかる、満員にならない電車がギュウギュウに、、、
その辺に住んでる時も避けるように実家帰ったり近寄らないようにしていましたが、
いざ離れてみると心なしか興味が出てきて、お祭りに行こうと思えるようになりました。

本番の日は行かず宵山の夜にしか行かないですがあたしはその宵山に行きたくて(笑)
大好きな大好きな甥姪ともいっぱい遊んできますヽ(´▽`)/

ということで早めの夏休み楽しんできます。

2018年7月7日

氾濫

関西で大雨が降ったことにより
毎年恒例の豪雨による、鴨川氾濫起きています。
それにより遊歩道すっぽり隠れてしまい橋のギリギリまで増水してしまうんですが。
これも年に一回は必ず見る光景になってきました。

その氾濫によって上流から流されてきたと思われる
大きな大きな山椒魚。

むやみに触れないので市が対処するしかないのでしょうけど
山椒魚もこんな下流に流されてかわいそうですね。
山奥の静かで綺麗な水の生活場所があるというのに。。。。

この鴨川の氾濫は大昔から幾度か起こっていたそう。
大きな事故もないので長い間、対策されなかったんでしょうね。。

さやか

2018年7月6日

織姫様と彦星様☆

こんにちは。
そろそろ七夕ですね。七夕の主役といえば織姫様と彦星様ですね。
美男美女と記憶されてる方が多いと思いますが、織姫の身なりは実際には機織りに没頭しすぎて、身なりなど全く気にしていなかったようです。織姫の父の天帝は不憫に思い、働き者の牛飼い彦星に、娘と結婚してくれないかと願い出て、天帝の計らいにより夫婦になりました。ところが新婚から暫くの間遊びほうけていた事が原因で引き離されてしまいます。それからというもの、織姫は毎日泣いてばかり。見かねて天帝は以前のように真面目に働くならと、一年に一度七月七日だけ会う事を許されるようになったのです。
これが織姫様と彦星様のお話しのようです。
織姫と彦星の夫婦別居の距離はなんと約140兆キロ!!地球から見たら織姫と彦星の象徴とされている星はちょうど天の川と呼ばれる星々を挟んでいるように見えるそうですよ。
それにしても一年に一度しか会えないのは厳しい気がしてしまいますね(>_<)真面目に働くって大切だな~と思いました☆ 今年は二人は会えるのでしょうか? りょうこ

2018年7月5日

アイス抹茶ラテ

コーヒーが飲めないので、コンビニカフェを利用したことがなかったのですが。
ファミマに行ったら”アイス抹茶ラテ”を見つけて、これなら飲める!飲みたい!

冷凍庫からアイス抹茶ラテのカップを取り出します。
レジでお会計します。
店員さんに”ミルク二回押してください”と言われる。
あのマシーンの前に立ちます。
カップのフタを開けます。
抹茶のつぶつぶのアイスが入っています、このままでもおいしそうです。
そのカップをミルクが出てくるであろうノズルの下にセットします。
ミルクを一回押します。
温かいミルクが出てきます。
もう一度ミルクを押します。
温かいミルクが出てきます。
たぶん完成です。
ストローをさしてかき混ぜます。

すごいですね、抹茶のつぶつぶは溶けてなくなるのですが、下にあった氷は残るんですね。
そして、とってもおいしいです!
初めてでドキドキしましたが、コンビニカフェすごい!
もう怖くないです、次は颯爽とアイス抹茶ラテを完成させられます!

あさこ

2018年7月4日


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 >